足首の捻挫を早く治す方法なら捻挫.com

足首の靭帯損傷・捻挫で起こる症状とその原因を徹底解説!

読了までの目安時間:約 5分

足首を捻ると関節や靭帯の損傷によって、痛みや腫れ、ぐらつき(関節の緩み)、内出血、熱感など様々な煩わしい症状が発症します。   これらの症状は急な損傷による身体からのSOS信号であったり、患部を治すための身体の反応だったりします。   それぞれの症状の特徴と原因を知ることで、応急処置や治療のポイントも理解できるでしょう。   足首を捻ったことでどのような症状が起こりその症状はどうすれば抑えられるのかさえ理解すれば、放置したり、湿布や痛み止めに頼り... 続きを読む

足首の捻挫で足の甲に痛みや腫れが出る原因とは?

読了までの目安時間:約 4分

あれ?足首を捻ったのに足の甲が痛いし腫れてる...。   このような足首の捻挫によって、一見関係なさそうな足の甲や足の裏に痛みや腫れなどの症状が出るケースもあります。   足首と一緒に足の甲の捻挫をや骨折を引き起こしたり、足首は捻っていなくても足部に捻挫のような症状が出たりするのです。   足首の捻挫は再発のリスクなども含めると骨折よりも厄介だといわれる怪我です。   きちんと症状とその原因を理解して応急処置や治療、リハビリに取り組むよ... 続きを読む

足首を捻ったときに起こる捻挫と剥離骨折の違いと見分け方

読了までの目安時間:約 3分

足首を捻ったときに起こる大きな怪我といえば捻挫と剥離骨折です。   この2つの怪我は病院のお医者さんでも目視だけでは判別が難しいと言われています。そのため、骨折の疑いがある場合は自己判断で捻挫と決めつけずに早急にレントゲン等の画像診断を受けることが重要です。   では、どのような症状があると骨折が疑われるのでしょうか?   決して弱い力で捻ったから捻挫、強い力で捻ったから骨折というわけではありません。   今日は、足首の捻挫と剥離骨折の... 続きを読む

足首を捻挫で靭帯が伸びる・切れる、その違いとは?

読了までの目安時間:約 4分

足首を捻ると外側もしくは内側の靭帯や関節に大きな負荷がかかります。   靭帯は足首の関節の角度を保つ帯(筋)のような働きをしています。   よく捻挫すると靭帯が伸びる・切れるという表現が使われます。   しかし、実際は足首を捻ったときにはほぼ必ず靭帯の部分断裂が起きています。   ゴムのように靭帯が伸びるのであれば、普段から足首はグラグラになってしまいますからね。   今回は、足首の捻挫によって靭帯が伸びる・切れるとはどのよう... 続きを読む

捻挫とは?足首の内側や外側に痛みや腫れの症状が出る原因とは?

読了までの目安時間:約 3分

足首をグキッと捻ったことがある人は少なくないでしょう。   足首の捻挫の大半は、足首を内側に捻ることで外側の靭帯(前距腓靭帯)を損傷するケースです。   捻った直後は痛みや腫れを感じないこともありますが、応急処置をしないと徐々に強い痛みや腫れ、内出血、足関節のぐらつき等の症状が出てきます。   では、このような足首の捻挫が起こったときに関節や靭帯、周辺の筋肉はどのような状態になっているのでしょうか?   今回は、「捻挫とは?」という超基... 続きを読む