足首の捻挫を早く治す方法なら捻挫.com

歩けないほど痛みの強い足首の捻挫の応急処置のやり方

読了までの目安時間:約 4分

足首をグキッと捻った直後はアドレナリンの分泌もあり歩ける程度の症状だったものの、少し時間が経つと地面に足をつけるだけでも痛み歩けない状態になることがあります。   歩けないほどの足首のぐらつきや痛みの症状が出る場合は、重度な捻挫をしているか骨折の疑いもあるため素早く最低限の応急処置をしたうえで病院に行く必要があります。   今回は、歩けないほど酷い捻挫をしたときに病院へ行くまでの間にやっておくと良い応急処置について解説します。   ただし、完全に... 続きを読む

捻挫した足首のテーピングは寝るときに外すべき?

読了までの目安時間:約 3分

足首を捻ったとき病院や治療院ではテーピングやサポーターを使った固定治療によって、ぐらつきや痛みを緩和させることが多いでしょう。   その中で、多くの捻挫患者さんが気になっているのは、就寝時のサポーターやテーピングの使い方でしょう。     寝るときに足首が固定されているのは気になるので外したいと思う方もいれば、寝返りなどで捻挫が悪化したらと不安に思う方もいるでしょう。   似たような話でいえば、靴下を履きっぱなしで寝るのは良くないともい... 続きを読む

子供におすすめの足首を捻挫用サポーターを徹底解説!

読了までの目安時間:約 5分

サッカーやバスケットボール、テニス、野球など子供に人気のスポーツには怪我が付き物です。   足首の捻挫でいえば、左右の切り返しや衝突によって足首を捻ったことで起こります。   まだ身体の出来上がっていない小学生から高校生にとって、足首の捻挫は完治しないと後を引く厄介な怪我です。   応急処置、治療、リハビリと症状によって適切な処置を施す必要があります。   今回は、捻挫の固定治療や予防に使える子供向け足首の捻挫用サポーターの効果と使用す... 続きを読む

足首を捻挫したらいつまでテーピングを巻いていていいのか?

読了までの目安時間:約 4分

足首を捻挫した場合、サポーターやテーピングによる固定処置が一般的には行われます。   固定することによって、損傷や炎症が広がりを防止し、痛みなどの症状を緩和する効果が期待できます。   しかし、再発を恐れていつまでも道具に頼って足首を固めたままだと、本来の足首の柔軟性や強度を取り戻すことは出来ません。   適度なタイミングで固定を緩めるもしくは外して、リハビリやトレーニングを行う必要があります。   では、いつからテーピングを巻かずに生... 続きを読む

足首の捻挫の影響で関節が痛い・硬いと感じる際のリハビリメニュー

読了までの目安時間:約 4分

足首を一度捻挫すると足首の関節の硬さが気になります。   例えば、正座のような足首を伸ばす動作をすると、柔軟性の欠如から痛みを感じることもあります。   その硬さを放置しておくと、足首を捻りやすくなり捻挫の再発リスクを高めることに繋がります。   また、足首の関節位置がずれたまま固まってしまうと膝や股関節、腰、背骨、肩、首などの上半身にも悪影響を及ぼします。   では、どのようなストレッチを行えば足首の硬さやそれに伴う痛みを解決すること... 続きを読む

1 2 3 5